2008年01月16日

パスタとスパゲティって、どこが違う?

パスタって、よく食べるあれですよね。

別にわかってると思うのですが、
ちょっと違いもあるみたいで・・







レストランパスタとはイタリア料理で使われる、小麦を加工した
食品全般を指します。


日本ではスパゲティなどのめん類やマカロニ、
板状のラザニアなどをパスタと呼ぶ
ことが
一般的。


ところでイタリア語の「パスタ」は正確には
「パスタ・アリメンターレ」、つまり「食用ペースト」
と言う意味があり、広くはパンやケーキも含まれます。
posted by しっとー at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。