2007年08月18日

装丁家ってよく聞くけど何?

装丁家って、よく聞くけどどういう意味ですか?







耳


装丁とは本のカバーや表紙をデザインすること。


プロとしてその仕事を専門に請け負うのが装丁家で、ブックデザイナー

と呼ばれることもあります。


装丁で大切な事は、読者が思わず手に取るような印象的な

デザインを施し、本の内容をより効果的に訴求すること。

そのデザインが本の売れ行きに大きく影響することもあるといいます。


ゆえに、装丁家として一流になると、作家が自ら指名して

仕事を依頼してくることもあるとか。


posted by しっとー at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 職業・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦国時代から安土桃山時代にかけて、
世に多大な影響を残した武将であり、
大名(戦国大名)である。
Posted by 織田信長について at 2009年02月17日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。